ホーム

ハロウィン


もう少しで今年もハロウィンがやって来ます。この何年かでかなり盛り上がってきて、町中仮装の人を見かけることも珍しくなくなってきました。
そしてそんな私も毎年自分の家やお友達の家、小さなパーティ会場などでハロウィンパーティを開いています。毎回お題を決め、例えばテーマカラーを決めた仮装、○○系の仮装、男装の仮装など色々変えて楽しんでます。
今年のテーマはどうするかや、どこでするかなどを夏頃に決め、それからは各々で試行錯誤し披露までを過ごすといったスタイルで楽しんでいます。
そして今年は友達の自宅でケータリング形式のパーティに決定しました。ドレスコードはとにかく本物志向で。お金を掛ければいい訳でもなく、凝り過ぎたからいい訳でもない、だからこそ毎年楽しめるのかなと思っています。
さぁ、まず衣装選びですが、私は楽天で衣装探しをしました。予算は全部で1万円強程に収める予定で気に入らない部分は自分で細工しようと決めました。因みに今年はマリフィセントに決定。実はずっとしてみたかったコスプレです。しかも本格的に出来るとゆうことで若干燃えています。
マリフィセントとゆうのは、アンジェリーナ・ジョリーが映画で演じたディズニーのキャラクターですが、印象的なのはやはりツノとゆうか頭部の作りです。あと、マントに羽。
ネットでは、被り物のツノにマント、ドレスかワンピースの3点セット的な物が多かったのですが、少し安っぽく感じたので、被り物とマントは少し値を張りましたがしっかりした物をネットでそれぞれ購入し、衣装は自前の黒いロングドレスにする事にしました。
仮装はこれで決定し、あとは小道具です。まずコンタクトレンズです。近眼の為カラーコンタクトでも度数が入っている、そして普段から使用している物を購入する事にしました。普段はカラーコンタクトをしないので、やはりこれも私の中ではハロウィンの楽しみの一つです。
コンタクトは、ワンデーアキュビューディファインモイストのヴィヴィッドスタイルにしました。度数は左右とも4.25。眼科取り扱いなのでやはり診察は必要ですが、直接装着するものですので、やはり安心出来るものを購入するようにしています。
そしてコンタクトをつけながら1番マリフィセントに近いイメージのメイクを何パターンかしてみました。メイク道具は真っ赤な口紅と肌を白く塗るドウランのような物を舞台メイクを売っているお店で購入しました。あと付け爪と黒のマネキュアも購入しました。今回はツノのような被り物なのでウィッグは無しですが、首元が寂しくならないように生地屋さんでフェザーを購入しました。マントに縫い付ける為にです。生地は問屋さんみたいなところがあるので何店舗か廻り1番理想に近い物を選びました。
楽天から注文していた物が届き、メイク用品やコンタクト、フェザー諸々で1万3千円程になりました。
金額は大体予定どおりだったのでいい買い物をし満足です。
届いた被り物を被り、ドレスを着て、マントを着け、羽を巻いてみたり仮縫いしたり試行錯誤してみました。
まだ、日にちがあるのでもう少しフェザー量を増やすかどうか、メイクを工夫するかなど考えています。
コンタクトもやはり着けてメイクをするとしないでは違うので今回はこれにして正解だったと思っています。

http://xn--68jubynpa0b2a8d7p4be0093g9y5b2j5c4c8bt1k.xyz/karakon.html

毎年の事ですが、1年に1回なので、めい一杯楽しみたいと思っています。ただ、エチケットやマナーは必要なので、仮装のまま外に移動する時などは迷惑を掛けないよう気を付けて行動しています。それらも含めパーティだと思っていますので。
パーティでの飾り付けは前日に主催者宅に行き皆でするルールにしています。今年は本格的にがお題なのでカラーコードもシックでいかにも幽霊が出て来そうな感じにするようにと決めました。実際はワイワイ、キャーキャーなので全く暗くないのですが。
他のメンバーがどのくらいのレベルで仮装してくるかは当日まで秘密なので非常に楽しみです。
メイクやコンタクト一つで全く違うモノになりますし、また、同じ仮装でも人によって本当に違うモノに仕上がるので本当に毎年感動すらします。
冒頭にも書きましたが、そもそもハロウィンは本来仮装パーティの日ではなく食べ物に感謝する日なのですが、日本独自のハロウィン文化として切り離して考えれば、普段できないコスプレや、時間や空間を楽しむ日と思って過ごせばいいのではと思っています。
アニメやコミケなど、日本独自の文化が発展しているのも、日本人にこの様な仮装要素を好む気質があるからかなとも思うので。
何はともあれ、まだハロウィンまで時間があるので、自宅のインテリアなどもハロウィンバージョンに変更したり、衣装などの微調整、ケータリングのメニューや手配、当日の予定や外出するならどこに出掛けパーティに参加するかなど、下調べが残っていますので、今からパーティメンバーの意見や願望に候補などを聞き出し、検索してピックアップしていきたいと思っています。
何事も用意あれば憂い無しなので、今年も楽しむ事に全力投球です。

セミナー

先日提出した書類が返却されてきた。
 
記載事項に不備があるとのことであった。休暇取得は3日連続でないとマズイのだという。こんなこと なら、あのセミナーに申し込みをしておけば良かった。申し込み締め切りは、とっくに終わってしまった。人はその職業に呼ばれるのだという話を聞いたことが あるが、もしかして私はこのセミナーに呼ばれているのか。もしそうであるならば、キャンセルでも出るのであろうか。申し込み開始から、わずか四分で応募枠 が埋まったセミナーなので、それは考えにくいのであるが。

そんなことを考えていたら、先行募集に続いて一次募集の告知が来た。

いろんな人に相談して、迷った挙句、時間ギリギリまで悩んだ挙句、申込むことにした。

こんなチャンスは、そうそうあるものではない。

二次募集は、わずか数分で応募枠が埋まったという。

2013-06-16

会社を辞める

 あの時、私は会社を辞めようとした。
 
しかしながら、銀行預金の口座とを見ると2万円しかなかった。

辞めるに辞められなかったことを記 憶している。

その後、社会の底辺を這いずり回っていたような気がする。

今まで回り道をしてきたようで、実は最短コースを走ってきたのかもしれない。

走るの ではなく歩いてきたのかもしれないが。経済あるいは職業というものを全く理解していなかった、あの当時と比べれば、私も多少は進歩したのであろうか。

そし て、今、現在私に必要な学びとは何であろうか。

もうすぐ44歳の誕生日である。

この歳になって、まだ転職しようとしている、私は社会不適合者であろうか。

あの女性と結婚していたら、今頃、どうなっていたであろうか?

Return to page top